メカlog

メカ描いてます。


バナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鏡面反射、とりあえず終了?

鏡面反射、本気で難しいです。
ある面の大雑把な角度が分かって、それに対する拡散反射光のライティングなら
ある程度は想像付く、と言うかある程度曖昧なままでもそれらしく塗れる。
けど、その面が視線ベクトルを反射させた先に何があるか、更にその反射先の物体は
どのように面の上に結像?するのか、となると求められる正確性が違いすぎる。
考え方の単純化ってのは幾つも行って、反射対象の限定やら、反射物の単純化、
反射角度そのものも曖昧なまま放置、それでも全然複雑過ぎる。
更に言えば、鏡面反射の結果というのは、反射する物体の輝度、この場合拡散反射光のライティング結果
に依存してしまう訳で(物理的には鏡面反射も更に鏡面反射するはずだから違うけど)。
個々のライティングが他と独立して、それだけで考える事の出来る拡散反射に比べて、
レイヤー間の依存関係が強すぎて、調整しつつ塗っていくと言う事が難しすぎる。
カラーレイヤーやライティング、全てが決まり切った上で無ければ、反射すべき正しい輝度、
と言う物が求められないってのはきつい。
まあ、今のやり方だとこの辺りはかなり無視してるんだけど、もっとリアルな鏡面反射を
考える時にはどうしたってここら辺無視出来なくなりそうな、そんな感じが。

根本的には「どうやったらリアルに見えるのか」「リアルに見える鏡面反射の条件とは何か」
ってのも分からず、単に出来るだけ正しいライティングをやったらリアルになるんじゃ無いか、
って発想でやってるのが間違いって気もする。
順番というか、考え方が逆?みたいな。

構図02メカ-09鏡面反射


我ながら電波文だなぁ・・・
まあ、メモ書きみたいなもんすよ、ハイ

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/06/25(金) 01:16:01|
  2. オリデザその他絵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<tiger1 戦車 キャタピラ | ホーム | 拡散反射光終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mechanic.blog25.fc2.com/tb.php/397-974cb49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

プロフィール

kou

管理人:kou


・メール内容は管理人が必要と判断した場合、公開する可能性があります。

メール
mechalog(A)gmail.com
(A)>>@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。